Welcome to my blog

KsHairStaff

KsHairStaff



★びまん性脱毛症

髪が全体的に抜けて薄くなります。
特に分け目の皮膚が透けて見える
ようになり、年齢的には中年以降の
女性に多い脱毛症です。

原因としては老化・ストレス・極端なダイエット・過度のヘアケアが考えられます。


☆分娩後脱毛症

妊娠後期に成長期の毛髪の割合が増え
これが出産後に休止期に入るため
出産後しばらく抜け毛が多くなります。
産後6カ月ほどの授乳を終えるころ
には回復します。

しかし高齢出産などで体力が回復
しない場合には、自然回復が難しい
場合があるようです。


★牽引性脱毛症

ポニーテールや束髪など
毛髪が持続的に引っ張られる事に
よって発生する脱毛症です。
牽引が長期間に渡って持続した場合
には回復しない事もありますが
一般的には髪型を変える
(髪を引っ張らない)ことによって
回復します。

あてはまる項目があれば注意しましょう‼️
スポンサーサイト



最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply