KsHairStaff

KsHairStaff

雨の日は、髪が広がって上手くまとまらずに困った経験があると思います。
1つはっきりしていることは、痛んでいる髪であればあるほど、雨の日に受ける髪のダメージは大きいということなのです。
雨の日は、普通の日に比べて気温&湿度が高いので、頭皮の皮脂量が増えることになるのです。

雨で濡れた髪を放置しておく場合は、頭皮についていた汚れなどが雨・汗・皮脂と混ざり合って、頭皮の毛穴を詰まらせる結果になるのです。
そして、さらに頭皮に常住している雑菌が繁殖しやすい環境を作っているのです。
○ フケが大量発生すること
○ 髪の抜け毛が増えること
○ 髪が細くなること
○ 頭皮から異臭がするようになること
上記で分かるように、雨で濡れてしまった髪は塗れたままにせずに、しっかりと髪を乾かすように心がけて下さいね。
スポンサーサイト



最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply